上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題です、これは何でしょう?

sijimiishi.jpg


答え、これは2センチ程の小石です。

今日の夕飯の味噌汁の中に入っていました。他のしじみと一緒に…。

確かに似ています。大きさ、形、申し分ないクオリティーです。

こいつは今までしじみ達の中でずっとひとりで過ごしてきたのでしょう。
周りのしじみ達は思ったはずです、「なんか変な奴がいる!」「なんかブサイク!」
どんなに恥ずかしく、悔しい思いをしてきたことでしょう。

そして他のしじみ達と同じように捕獲され出荷、販売され、我が家でしじみとして調理され夕餉の食卓にあがったのです。

しかし、みにくいアヒルの子が最後は白鳥となるがごとく、私のブログに掲載されるのでした。おわり
こんにちは。

昨日、「ミクロの決死圏」と「バックトゥザフューチャー2」をビデオ鑑賞しました。

ミクロの決死圏 Back to the Future2

久々に観たのですが空想好きの私は大変面白かったです。

「ミクロの決死圏」は1966年に日本公開されたそうです。当時私は2才だったと記憶…してはいませんが、今観ると装置類はかなり稚拙に見えますね、やっぱり。でも当時は空想科学の最高峰だったのだと思います。

体内に入るためにどんどん小さくなっていくのですが、それを観ながら「原子レベルで小さくなっていくのかな~?そーすると中学生くらいで習った質量保存の法則は成り立っているのかな~?」などと余計なことを考えておりました。

「バックトゥザフューチャー2」は1989年の日本公開ですが、話の中で実世界は1985年ということになってます。そして未来世界がなんと2015年なんですね。あと3年で車が空を飛びます。もちろんホバーボードももうすぐどこかから発売されるはずです。
ロバート・ゼメキス監督もこんなに早く2015年がやってくるとは思ってもいなかったか…残念!
各所で出てくるモニター類も液晶ではなかったし…残念!

ところで「ミクロの決死圏」に出てくるマイケルズ博士と「バックトゥザフューチャー2」のストリックランド先生は同じ俳優さんだと思っていました。

Donald Pleasence_ミクロの決死圏真ん中でこちらを向いてるスキンヘッドのおじさん

James Tolkan_Back to the Future「バックトゥザフューチャー2」の校長先生

似てません?

調べてみたら「ミクロの決死圏」の俳優さんはドナルド・ブレザンスというイギリスの人で、「バックトゥザフューチャー」のストリックランド先生はジェームス・トールカンというアメリカの俳優さんでした。

そういえばストリックランド先生は「トップガン」の艦長も務めていましたね。

James Tolkan_Top Gun

ずーっと同じ人だと思っていた私…残念!
この度、事務所のウェブサイトをリニューアルいたしました。
今までサイト上でコラムを掲載して参りましたが(2年間で4回しかしてませんが…^_^;)、サイトだと色々と面倒な作業があり、ついついネタはあるのですが書かない日々を送ることになり(言い訳)、これからはこちらで書かせてもらうことにいたします。
ウェブサイトも是非ご覧ください。→ http://www.gksystem.jp

ネタと言えば、4/30から5/11まで虫垂炎、いわゆる盲腸で入院しておりました。
4/29の昼からみぞおちの辺りが痛くなり、胃痛だと思い胃薬を飲んでいました。
夜になっても痛みは納まらず、だんだんとひどくなる一方で、ひとつのところいられず檻の中の熊のような状態になり、明け方には七転八倒する有様で、救急で病院に行くと「はい、盲腸です。」の一言で入院するはめになりました。

幸い破れてはいなかったので大事にはならなかったのですが、いつ破裂してもおかしくない状態だったと後で聞いて胸を撫で下ろした次第でございます。

手術はいたって簡単で、腹腔鏡手術といい、へそを縦に切開してそこから盲腸を取り出すというものでした。
後はへその傷口が塞がるの待つだけで入院は一週間くらい、早い人で3日で退院した人もいると聞き、3日は無理としても5日くらいでなんとか退院しようと心に誓ったものでした。

しかーし、そこからが老いを感ずる事態となります。傷口がなかなか治らないのです。治るどころか膿やら変な汁やらが出てくるわで目標の5日を大幅に超え、11日もいる羽目になってしまいました。

入院生活で何が嫌かって、それは食事ですよね、やっぱり。
最初の3日間は点滴で過ごし、4日目の昼から3分粥を摂りました。写真は5日目の昼、5分粥です。

Hospital diet

味、無いです。
本当に無味です、残念。
6日目から普通食になったのですが、この無味食を経験しているお陰で普通食が大変な御馳走に思えたのは不幸中の幸いと言うべきでしょうか。

それから入院生活で自分の生活スタイルが世間様とかなり違うことを痛感させられました。
朝方3~4時頃寝に入り、9~10時頃起床する日々を送っていた私ですが、病院は違っていました。

下の写真はベッドに掛かっていたものです。

Hospital schedule

6時起床、21時消灯…。21時消灯…。21時消灯…。考えられません!本当にそうなのか?本当に21時に明かり消えるのか?

本当にそうなんです。21時になるとパッと明かりが消えます。これが消灯です。うそは書いてありません。

でも院内をうろつく患者もいるんじゃないの~?ロビーとかにたむろしてたり~。

いません。誰ひとりうろついたりしていないんです。
えー!この暗い部屋の中で私はこれから何をしてればいいの?宝くじが当たった時の妄想とかTV出演が決まった時の服装とか考えるかー?

寝てました。ぐっすりと夢の世界に入っていました。なんのことはない、人間、暗い部屋でベッドに横たわりじっと目を瞑っていれば寝ます。
それが11日も続くと不思議なもので朝6時頃に自然と目が覚めるようになります。

今では8時から朝ドラの「梅ちゃん先生」をオリジナルで観ることが日課になっています。(^^)/

が、サイトリニューアルをなんとか6/1に間に合わせようとここ数日夜中の作業が続いていたので、昔の私が手招きしているのが向こうの方に少し見えてます。

2011年9月27日 完成奉告式から2週間。静かなたたずまいを見せる二天門です。
P1000614_convert_20120416145458.jpg

P1000618_convert_20120416145529.jpg

左が多聞天、右が持国天です。
P1000625_convert_20120424215622.jpg P1000624_convert_20120424215614.jpg

四天王のうちこの二天なのはなぜか?
ちょっと調べてみました。本来持国天、増長天、広目天、多聞天の4体が揃っているのが基本ですが、もともと東大寺中門に4体あったものが南大門ができた時、そのうちの2体が仁王の阿形(あぎょう)吽形(うんぎょう)となり、残った2体で伽藍を守ったそうです。
東大寺では多聞天と広目天の組み合わせですが、東を守る持国天から始まり北を守る多聞天で一周を表している持国天と多聞天の組み合わせもたくさんあるようです。

とても静かです。
P1000629_convert_20120416145830.jpg

これでとりあえず二天門の修理工事はおわりです。

長い間、ありがとうございました。

妙本寺は日蓮宗です。正式名は「霊跡寺院 本山長興山妙本寺」といいます。
通称「比企谷妙本寺」。

日蓮宗は総本山見延山九遠寺を「租山」とし、次いで日蓮上人にとって重要な場所を「霊跡寺院」、宗門史上関係の深い寺院を「由緒寺院」、それら以外の「一般寺院」となっています。

妙本寺は「霊跡寺院」にあたり、日蓮宗にとってかなり重要なお寺です。

そんなお寺の保存修理工事に関われたのは自分としては大変貴重な体験でした。
また、工事に関わる職人さんとも仲良くさせていただき、色々貴重な話しを聞けました。

棟梁は東北の方です。
この工事の最中に東日本大震災があり、大変な御苦労があったと思います。
貫主様もかなり心配されておりました。完成奉告会ではそのことにも触れ、お話しされていました。

東北の皆さん、頑張って下さい!

それとこれは余談ですが、先日まで放送されていた「最後から二番目の恋」というドラマの中で、8話目の回に妙本寺が写っていました。その回のエンディングロールの中で写真風にバックが流れるのですが、貫主様と中井貴一さんが話している姿が放映されていました。なんだか妙に嬉しかったです。
また、映画「あかね空」の中でもロケ地になったようです。

妙本寺はとても静かで、鎌倉らしさがよく表れ「凛」という字がよく似合うお寺だと思います。
入館料もとりません。鎌倉駅からもさほど遠くはありません。
一度は行ってみてください。

2011年9月13日 皆さまにお披露目です!


[広告 ] VPS


ぞくぞくと皆さん集まり始めました。
P1000538_convert_20120416142540.jpg

何やら下の参道からお経が聞こえてきました。
P1000543_convert_20120424214547.jpg P1000542_convert_20120424214536.jpg

階段上から見物です。カメラのお父さんたち大変なことになってます。
P1000545_convert_20120424214557.jpg P1000546_convert_20120424214607.jpg

先頭の方が階段を上りきりました。続いてチビッコ達の登場です。カワイイ
P1000547_convert_20120424214618.jpg P1000549_convert_20120424214630.jpg

いよいよ貫主様の登場です。(日蓮宗では住職のことを貫主(かんじゅ)と呼びます。)
P1000550_convert_20120424214640.jpg P1000551_convert_20120424214649.jpg

相整いました。
P1000554_convert_20120416144936.jpg

二天門完成奉告式は無事終わり、祖師堂で行われる御会式に向かう貫主様達です。
P1000556_convert_20120416145113.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。